必死のピロリ菌検査 Painful Helicobacter pylori test

2018年8月19日

スポンサーリンク

先日初めて胃カメラを飲みました。先入観なしに口から入っていった内視鏡が喉を通過した途端、嘔吐反射が始まったと思ったら 「ゴックン、 ゴックン」と喉が動いて唾は口から垂れているのに、言いようのない吐き気を飲み込んでいきました。医師が、「これから胃の粘膜を取ります」と言うとお腹から鈍い音が2回鳴りました。時間にしたら10分は経っていた筈です。そのあとは急に楽になって内視鏡が静かに抜かれていきました。画像を見せて医師は「綺麗な胃ですねー、ただ良性とみられる小さなポリープと赤い炎症があります」と説明してくれました。検査結果は1週間後に郵送されてくるそうです。I drank a stomach camera for the first time the other day. As soon as the endoscope that entered from the mouth without preconceived notions passed through the throat, when I thought that the vomiting reflex began, “drunk, drink up” and the throat moved and spit was dripping from the mouth, and swallowed nausea that did not say. The doctor said, “I will take the mucous membrane of the stomach from now on” and it sounded dull twice from my stomach. Ten minutes should have passed in time. After that, it became easy suddenly and the endoscope was pulled out quietly. The doctor showed me the picture, “it is a beautiful stomach, but there is a small polyp and a red inflammation which seems to be benign,” he explained. The test results will be mailed in a week.

スポンサーリンク